fanaticslogo

仙台89ERS 2018-19シーズンオフィシャルユニフォームサプライヤーに決定

2018-08-10




ファナティクスが日本バスケットボール界に進出! Bリーグクラブ初のオフィシャルユニフォームサプライヤーへ

世界最大級のオフィシャルスポーツライセンスマーチャンダイズ企業であるFanatics Inc.(本社:米国)の日本法人、ファナティクス・ジャパン合同会社(以下、ファナティクス)は、B.LEAGUE(Bリーグ)のB2リーグに所属する仙台89ERSの2018-19シーズンのオフィシャルユニフォームサプライヤーに決定しました。 仙台89ERSの2018-19シーズンは、3種のデザインのユニフォームを着用して闘います。



◆ホームユニフォーム(ブラック):ホーム開催22試合で着用
◆アウェイユニフォーム(ホワイト):アウェイ開催28試合で着用
◆サードユニフォーム「ナイナーズイエローユニフォーム」(イエロー):ホーム開催8試合、アウェイ試合2試合

なお、8月12日(日)開催の「2018-19シーズン決起集会」にて、選手が新ユニフォームを着用して初お披露目をします


<ユニフォームデザインについて>
大岩 Larry 正志
グラフィックデザイナー/ボイスアクター ONE MAN SHOW代表。
スポーツデザイナーとして、2008年の埼玉西武ライオンズ交流戦用、2009年の福岡ソフトバンクホークス「鷹の祭典」用の各ユニフォームとグラフィック、2010年にリニューアルされた名球会のユニフォームとロゴをデザイン。
2012年から楽天イーグルスのユニフォーム、優勝ロゴなどの各種ロゴ、グラフィックのデザインを担当している。2015年から東京ヤクルトスワローズのユニフォームも手掛けている。カーリングチーム「北海道銀行フォルティウス」のロゴ/ユニフォームなど、スポーツデザインには造詣が深い。
また、アニメ「The World of GOLDEN EGGS」ではボイスアクターとしての一面も。
http://www.oneman-show.com



ファナティクスは、これまで、傘下ブランドである「Majestic(マジェスティック)」でプロ野球チームのオフィシャルユニフォームサプライヤーとして展開してきましたが、今後は、野球、バスケットボールのみならず、様々なスポーツに事業を拡大させ、日本のスポーツマーチャンダイズの活性化に貢献するとともに、よりファンの皆様にご満足頂けるサービスを実現していきます。

【仙台89ERS】
仙台89ERSは、2004年に発足した、宮城県仙台市をホームタウンに活動しているプロバスケットボールチーム。
2005年、当時日本で初めて誕生した男子プロバスケットボールリーグ「bjリーグ」にオリジナルチームの1つとして参入(オリジナルチームは仙台、新潟、東京、埼玉、大阪、大分の6チーム)。2015-16シーズンまでの11シーズン所属。2011年の東日本大震災時には、経営状況の悪化が見込まれたことから一時活動休止に。全国各地から多くの支援を受け、翌2011-12シーズンからの活動再開を果たす。bjリーグでの最高成績は2007-08シーズンの3位。
2016-17シーズンからは、プロチーム主体のbjリーグと企業チーム主体のJBLの統合により誕生した「Bリーグ」に所属。トップカテゴリーのB1でスタートを切るものの、翌シーズンからB2に降格。1年でのB1復帰が叶わず、今秋開幕する2018-19シーズンでのB2優勝、B1昇格を目指す。
運営会社の株式会社仙台89ERSは今年7月に経営体制を一新。「強くて愛されるチーム」を目指している。

仙台89ERS公式ホームページ: https://www.89ers.jp
【Fanatics Inc.】
本社: アメリカ合衆国フロリダ州ジャクソンビル
代表(Executive Chairman): Michael Rubin(マイケル・ルービン)
CEO: Doug Mack(ダグ・マック)
事業内容: オフィシャルスポーツライセンスのアパレル商品・グッズの製造および流通、メジャースポーツリーグ、プロチーム、大学チームなどのオンラインストアおよびリテールショップの運営など
http://fanaticsinc.com/ (本社)
http://www.fanaticsjapan.com/ (日本)

<<前のリリース


プレスリリース一覧へ戻る


会社紹介

company

会社名
Fanatics Japan G.K.
マネジング ディレクター
川名 正憲
住所
東京都港区虎ノ門三丁目8番地21号 虎ノ門33森ビル8階

PAGE TOP